• 10地区の春まつり
  • 祭りの魅力
  • はんだ山車まつり
  • 半田山車祭り保存会とは

半田山車祭り保存会とは

半田山車祭り保存会は昭和54年5月4日、第1回はんだ山車まつり開催の前日、市内の山車が市指定有形民俗文化財に指定されたことを受けて、その補助金等の受け皿の団体として設立され、いわゆる半田市内31組の連合組織として発足いたしました。
初代会長は伊藤佐一氏。事務局長は設立の経緯から半田青年会議所のメンバーから順次選任されました。第2回はんだ山車まつりまでの8年間自主的な活動はせず、半田市から頂ける補助金の配布と各地区各組の意見交換を主に行ってきました。
第2回はんだ山車まつり終了後、過去の反省から保存会の組織を充実し、実質的な活動を行い5年に1度行うことが決定されたはんだ山車まつりの実行のバックボーンにもなれ、また31組の山車組の本当の意味での連合会を目指して、新たに2代目会長小栗英夫氏のもと再出発が図られました。補助金の申請・配布はもちろんの事、他所の祭り研究や交流を図るための研修旅行、知多衣浦地区の交流会議等を順次立ち上げ実施してきました。
また第3回から6回のはんだ山車まつり実行委員会の立ち上げに努力し、愛知万博の山車百輌揃えの企画にも参画し、25輌の山車が参加いたしました。
平成20年、4期20年に渡り会長を努められた小栗会長が勇退され現在は榊原敏雄氏が第3代会長を努めています。市内31組の山車組の団結はもちろんの事、16回を数えた知多衣浦の交流会議に参集していただける知多の祭り人、愛知万博を期に友好関係が深まった県内各地の保存会との交流や意見交換、情報の共有化等を進めてまいります。またすっかり半田の祭りとして定着した5年に一度のイベントとしての「はんだ山車まつり」の中心の担い手として市内各種団体、行政と手を携えて取り組んでいます。

会長挨拶

半田の山車祭り文化の発信源としての公式サイトを立ち上げることが出来ました。市内10の地区に分かれた祭礼行事。それぞれの歴史があり、こだわりがあり、地域に根付いた、先祖から営々と託されてきた山車であり伝統文化であります。こだわりの祭り人であっても自分の住む地区の事は良く判っても半田の他地区の祭りのことを良く知らない方が大勢います。気軽にこのHPを訪れて頂き知識を仕入れて頂きたいと思います。
また、「はんだ山車まつり」に関しても過去の記録、そして新しい情報等決まり次第開示します。
まだまだ不充分ですが、ご期待に添えるよう皆様の意見を聞き、お教えを頂きながら内容を充実させていく所存でございます。

保存会会長 榊原敏雄

保存会役員

会長
榊原 敏雄

(西成岩 西組 敬神車)

名誉会長
小栗 英夫

(下半田 南組 護王車)

副会長
竹内 稔幸

(亀崎 中切組 力神車)

副会長
久野 学

(乙川 浅井山 宮本車)

事務局長
加藤 順三

(下半田 南組 護王車)

このページの先頭へ