• 10地区の春まつり
  • 祭りの魅力
  • はんだ山車まつり
  • 半田山車祭り保存会とは

成岩地区

成岩神社祭礼
平成29年4月15日(土)、16日(日)

成岩地区の写真

平成29年度成岩祭礼巡行PDF

成岩地区祭礼における一つの山場である神楽、山車共善六角にて両区出合いにも、この伝統を見ることができる。宵祭、本祭とも成岩神社への打ち込みに先立って、神楽、山車とも有楽町善六商店前の交差点で、北から四区神楽、南から三区の神楽が進み、交差点内で区長、氏子総代、祭務長などが「おめでとうございます」と挨拶を交した後神社へ打ち込む。神楽の行列は、三区は、高張提灯を先頭に、神楽、巫女、役員、四区は高張提灯、神楽、獅子の童子、館、役員と続く。

嘉永2年(1849)と安政4年(1857)の「本成岩神事祭礼式定」には、北村、南組、西馬場、東馬場の例祭における打ち込みや下降の順序が記されている。また、明治23年「神祭ニ関スル北村南組両組ノ条約書」にも例祭の形式を書き記し、これを伝統として継承して今日に至っている。

「半田市誌 祭礼民俗編」より

見どころ

参道への打ち込み(善六角)

参道への打ち込み(善六角)

場所:有楽町1交差点
時間:土曜 17時30分頃、日曜 AM11時00分頃

古くは、狭く舗装されていなかった成岩神社への参道。3区、4区方面それぞれから来る4輌の山車が、猛スピードで曲がっていく大興奮の時。信号スレスレだったり、観客の方へ大きく振れたり、危険と隣り合わせの一番の見せ所です。

大獅子小獅子の舞

三番叟・大獅子小獅子の舞・巫女舞

場所:成岩神社
時間:土曜 19時00分頃、日曜 12時00分頃

宮本車である南組南車は他の三台とは違って神楽ではなく、前山で三人かくれ遣いの三番叟を奉納する。そして、本殿わきに特設された舞台では、四区による大獅子小獅子の舞と、三区による巫女舞が奉納される。なお、大獅子小獅子の舞は県の文化財に指定されている。

善六角曳き別れ

善六角曳き別れ

場所:成岩神社
時間:(土曜 18時00分頃、)日曜 11時30分頃

祭礼二日間を締めくくる3、4区合同の曳き別れセレモニー。4方向から4輌が向き合い、式典を行います。各車責任者の祭務長、神祭長にとって、無事に祭礼が行われたことを喜びあう、感動のひととき。最後には、4輌が勢いよく方向転換をし、それぞれの鞘に帰っていきます。

神社

神社

成岩神社GoogleMap

成岩三区・四区の氏神は、有楽町にある成岩神社である。八幡社、春日社、神明社を合祀し、御祭神に誉田別尊、天津児屋根尊、豊受姫尊を祀る。

例祭は、古来六月十五日であったことが、嘉永2年(1849)の「本成岩神事礼祭式定」(北村、南組、東馬場、西馬場)に定められている。これが四月十五日に変更されたのは、炎暑の時候をさけて例祭を実施するためであると「成岩町史」に記されている。現在、成岩神社祭礼は、4月14、15日に近い土曜日、日曜日に実施される。この祭礼には三区から東組旭車、南組南車、西馬場神車の三輌の山車が四区からは北組成車の山車の計四輌の山車が曳き出される。

「半田市誌 祭礼民俗編」より

山車組

北村成車

北村成車

詳細を見る

南組南車

南組南車

詳細を見る

西馬場神車

西馬場神車

詳細を見る

東組旭車

東組旭車

詳細を見る

このページの先頭へ

10地区の春まつり