• 10地区の春まつり
  • 祭りの魅力
  • はんだ山車まつり
  • 半田山車祭り保存会とは

奥組旭車(おくぐみ あさひぐるま)

山車および山車組データ

建造
大正5年(1916)
代表彫刻
  • 壇箱:「天之岩戸」(初代彫常)
  • 脇障子:「高砂」(初代彫常)
  • 前山懸魚:「鶴」(初代彫常)
  • 持送り:「力神」(初代彫常)
  • 蟇股:「龍」(初代彫常)
  • 蹴込:「格子」
  • 大幕:緋羅紗地に南吉童話の刺繍
  • 追幕:緋羅紗地、奥の文字に波の刺繍
  • 水引:緑地に群鳩飛翔の刺繍
人形
  • 前棚人形:三番叟

奥組旭車正面写真

山車全体写真

  • 正面から見た奥組旭車の画像へ正面から見た奥組旭車の画像へ
  • 左斜め前から見た奥組旭車の画像へ左斜め前から見た奥組旭車の画像へ
  • 左横から見た奥組旭車の画像へ左横から見た奥組旭車の画像へ
  • 後ろから見た奥組旭車の画像へ後ろから見た奥組旭車の画像へ
  • 右横から見た奥組旭車の画像へ右横から見た奥組旭車の画像へ
  • 右斜め前から見た奥組旭車の画像へ右斜め前から見た奥組旭車の画像へ

法被・かんばん

  • 奥組旭車法被(後ろ)
  • 奥組旭車法被(前)

手拭

奥組旭車手拭

補足解説

岩滑新田は半田市の北西部に位置し、延宝9年(1681)岩滑村の午新田として開発された。西は常滑市、北は阿久比町に接する農業地域である。

岩滑新田の祭礼は、毎年4月上旬、2輌の山車(平井組神明車、奥組旭車)の町内曳き、氏神である神明社への神楽やからくり三番叟等の奉納を中心に行われる。

奥組旭車は、大正5年青年会の要望により宮津の大工岡戸峰二郎に依頼し山車を新調のが始まりである。彫刻は、当時各地区の山車の彫刻を手掛けていた下半田の初代彫常(新美常次郎)に依頼した。大正5年4月1日上棟式を執行し、この時、平井組を招待した。平井組の役員12名は、礼服を着、祝金2万円を持参して参列したそうである。この年から平井、奥組2輌の山車を曳き廻すようになり、昭和28年まで行なわれた。これ以降中断され、昭和52年に再開し現在に至っている。

からくり人形は、前山からくりとして三番叟がある。この地区では、宮本車、つまり氏神が存する地区の山車(平井組神明車)以外の山車においてからくり三番叟の舞を奉納する。他地区では、宮本車においてのみ、三番叟の舞を氏神に奉納するのである。

彫刻は、初代彫常作の持送り「力神」、壇箱「天之岩戸」、脇障子「高砂」、前山蟇股「龍」、太瓶鰭「神功皇后」、前山懸魚「鶴」などである。

幕は、平成2年4月、大幕、追幕、水引、吹流し一式を京都の川島織物において新調し、追幕、水引には、刺繍を施した。

このページの先頭へ

10地区の春まつり