日役組神力車

山車および山車組データ

建造

明治5年(1872)

代表彫刻

  • 壇箱:「神功皇后」(早瀬蘭谷)
  • 脇障子:「須佐之男命・日本武尊」(初代彫常)
  • 持送り:「力神」(初代彫常)
  • 蹴込:「子連れ獅子」
  • 蟇股:「鉄拐仙人、蟇仙人」
  • 懸魚:「龍」

  • 大幕:緋羅紗地に獅子の谷落としの刺繍
  • 追幕:緋羅紗地に「日役」の文字縫い付け
  • 水引:青地に鳩の刺繍

人形

  • 前棚人形:三番叟

日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 拡大する

山車全体写真

日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 正面正面
日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 左斜め前左斜め前
日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 左横左横
日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 後ろ後ろ
日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 右横右横
日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 右斜め前右斜め前

法被・看板

日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 法被拡大する
日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 法被拡大する

手拭

日役組神力車(ひやくぐみ しんりきしゃ) 手拭拡大する

補足解説

日役の氏神である八幡神社の創建年代は、明確ではないが、「昭和12年1月、沿革誌控」によれば、文禄2年(1593)11月に八幡神社社殿再建となっている。祭神は、「誉田別尊」で旧村社である。

日役の祭礼は、毎年4月の中旬、山車(神力車)の町内曳き、からくり三番叟、神子(巫女)舞を八幡神社へ奉納することを中心に行われる。

神力車は、「沿革誌控」によれば明治12年8月建造、大正5年大改造を行った。その後、幾多の改修を繰返し、平成7年4月山車本体や幕等の大改修が完了した。彫刻は初代彫常新見常次郎の持送り「力神」、早瀬蘭谷の壇箱「神功皇后」等がある。

幕は、明治35年、昭和54年赤幕を新調した記録がある。平成7年4月の大改修により、左右の横幕には、唐獅子、後幕には、牡丹の刺繍をいれた。

神力車は、宮本車であるため、山車の前壇においてからくり三番叟を演じ八幡神社に奉納する。

半田市内では、向山地区の「神楽獅子」、成岩地区の「大獅子、小獅子の舞」、板山地区の「板山獅子」の3地区において、獅子舞が奉納されている。板山獅子は、日役によって代々受け継がれ、日役の氏神である八幡神社へ毎年祭礼行事の1つとして奉納されている。そして、この獅子舞は、半田市指定無形民俗文化財である。初めに「幣の舞」を演じ、その後獅子芝居を演じる。この獅子が女形であるため「嫁獅子」「女獅子」と呼ばれ、現在半田市内では唯一の獅子芝居である。

このページの先頭へ